家計簿アプリ「zaim」を使って「積立金を管理」する方法!

我が家では、夫婦で家計簿を共有し、資産を管理するために「zaim」という家計簿アプリを使用しています。

その中で貯金とは別に「積立金」という項目をつくって、月々の予算から積立をするようにしているのですが・・・。

zaimでは、預金残高から「積立金」を除外する設定が用意されていませんでした。

ぴよこ

そこで、我が家ではzaimの項目を一工夫して、積立金を管理するようにしています。

zaimで「積立金」の管理をする方法とは!

ではさっそくzaimで「積立金」の管理をする方法をご紹介していきたいと思います。

まずは、zaimの「手動管理」で積立金の項目を作成する

まずは、zaimの「口座の追加」を開いて、手動管理の項目をタップします。

項目名に「積立」とわかるように記録します。この時『積立金用のアイコン』は統一しておくことを強くオススメします!

「残高」画面で項目が見やすくなります!残高に含めるよう設定します。

「よく使う項目」に、毎月積み立てる額を登録しておく

次に、支出として、月頭に積立金の金額を支出として登録します。出勤元が「積立」という項目になります。

こうすることで、毎月の予算のなかから、積立金が確保される形となります。

積立金を使う時は「支出」の項目でマイナス計上

積立金を使用する時、例えば6534円のプレゼントを購入したとします。

購入時に支出を帳簿し、それとは別に、積立予算から金額を減算します。

下記のように「支出」の項目でマイナス計上すると、月々の予算から積立金の額が引かれます。

ちなみに、積立金の合計金額はこのようにマイナスの金額で表示されます。

例えば、手持ちのお金が「100万円」あるとするとしたら・・・。

【積立】交際費で18,088円、【積立】住宅修繕費で210,000円あるとすると、総残高には『771,989円』と、積立金が引かれた状態で計算されます。

ぴよこ

こうすることで、貯金と積立金の棲み分けができるので、けっこう便利です!

この積立金は口座を分けると手間になるような「出入金の頻度が高い項目」を管理しています。

へそくり的なお金は住信SBIの「目的別口座」でも!

我が家では、密かにブログ収入などで得たお金で、どこかリゾート地に旅行に行きたい、という野望があります。

そこで我が家では、積立金の他にへそくり的なお金の管理方法として住信SBIネット銀行の「目的別口座」を立ち上げています。

住信SBIの「目的別口座」とは?

お客さま自身で口座名をつけ、目標期間・目標金額を設定し貯金箱のようにご利用いただける預金専用の「目的別口座」をご利用可能です。

住信SBIネット銀行より

これが結構便利で、SBIの口座内に「目的別」に分けた口座を開設して、その中にお金を積み立てていくことができます。

へそくり積立のために他行に口座を作り、送金して・・・』という手間がなく、かなり便利です。

住信SBIをzaimに口座連携させておくと、目的別口座が普通預金の口座とは別に表示されますので口座設定で「総残高に含めない」という設定に書き換えておけば、へそくり的に口座管理をすることができて便利です!

パパ

ただし、パートナーと「zaim」上で共同アカウントにしている場合、SBIの普通預金口座を連携していると、自動的に目的別口座もzaimに表示されるので、本当の意味でへそくりにしたい人は注意が必要です・・・。

ぴよこ

口座は非表示設定にもできますが、設定自体はシステムに残っているので、注意が必要です汗

我が家の積立金項目はこんな感じ

ちなみに、我が家の積立金項目はこんなかんじです・・・

交際費電化製品車検・自動車税車購入費用
教育費レジャー費ローン繰上返済住宅修繕費

教育費は、パパが高齢で44歳のときに下の子を出産します。

なので、他の家庭より一層、教育費の積立に重点を置いていると思います。

他にも、車の購入費用でローンを組むのは嫌なので、事前に購入費は積立を行なっています。

ボーナスの支給額がかなり少ない我が家なので、特別費用は定期的に積み立てておかないと、後でえらい目にあうことに・・・。

なのでこのように多くの項目を積立費用として管理しています。

積立を始めると、毎月支出が一定になり、オススメです。毎月の支出が安定することで貯金額の目標が見え、貯金がしやすくなります。

一方、積立の余剰金を貯金に回したり・ボーナス的に還元したり…、という楽しみも産まれます。

ぜひ皆さんもzaimで「積立金」を設定して使ってみてくださいね!

zaim(家計簿アプリ)
ぴよこ

Webデザイナーとして働くワーママのブログです。
子育て情報やお得情報、ブログの運営方法(主にグーグルアドセンスの運営術)などについてゆるっと書いていきます。

ぴよこをフォローする
ぴよこをフォローする
Web屋のワーママ・ぴよこの雑多なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました