疲れた・辛い・しんどい…時短ワーママが『孤独にならない』ために必要だと思うこと

「ワーママだから働く時間が短かくて、職場では肩身がせまい」「家に帰れば子育てててんやわんやで、心が休まらない」

…仕事も育児も頑張っているけれど、二足のわらじ生活でどんどん追い詰められる

ワーママのみなさん、そんな経験ありませんか?

ぴよこ

私も初めて育休から復帰した時に、とにかく激しく不安を感じたことを覚えて居ます。

どんどん孤独になっていって、働く意欲が湧いてこない、このまま仕事をやめてしまおうか。

そんな風に考えている方。まず、本当に毎日とっても頑張っていて凄いです。

頑張るみなさんの生活に、ちょっと心が楽になるような「心の持ち方」をご紹介できればと思います。

これは、私自身が孤独に陥って自分の考え方を切り替えてきたときに実践してきたことなのですが、もしもどなたかの参考になれば嬉しいです。

孤独にならないための、心の持ち方

ここからは、私が自分の心を孤独にさせないために、実践してきたことをいくつかご紹介していきたいと思います。

いつも以上に「コミュニケーション」を大事にする

まずは、育休をとるまえ以上に「コミュニケーション」を大事にすることが必要だなと思います。

コミュニケーションを大事にしよう!

・職場に同じ育休ママがいれば、積極的に不安や状況を共有する

・働くチームの皆さんに「状況」を丁寧に報告する

ありがとう、助かります、の気持ちはできるだけ口にする

まずは、同じような状況のワーママさんがいれば、自分の感じている不安などを相談してみるといいと思います。

違う部署だからな…」とか「今まで面識がないしな…」ということもあるかもしれませんが、人のツテを辿って話しかけてみるなどをして交流してみるのがオススメです。

ぴよこ

ランチの時間に話をしたり誰かに話を聞いてもらうことで短い時間でも自分自身のストレス発散にもなりました。

私も勇気を出して“はじめまして”のワーママさんとコミュニケーションをとるようにしたら、色々と相談することで心が軽くなった経験があります。

また、同じチームで働くメンバーのみなさんにも自分の状況を共有してみるといいかもしれません。

「大変だ」とか「辛い」というネガティブな言動ばかりにならないように。ランチの時間などに「子供が病気になり、急にお休みをいただきすみません!実は預け先がなかなか見つからず…、ご迷惑をおかけしています」など。

状況をしっかりと伝えつつ、自分が不安に感じていることを話してみることで、うまくコミュニケーションがとれることもあるかもしれません。

ぴよこ

子供の事情は自分だけの責任ではないですが、状況をしっかり周りに伝えることで、お互いの理解が深まる場面も多々あると思います。

また、相手も人間なので「(たとえ自分がそう思っていなくても)休んでも仕方がない」と思われてしまうと、うまくコミュニケーションが取れないこともあるかもしれません。

周りに感謝の気持ちは、大げさすぎるほど伝えていいんじゃないかなと思います。

ぴよこ

周りの協力のおかげで働けているという気持ちをたくさん伝えると、お互いに気持ちよく働けることがとても増えました。

失ったものもあれば、得たものもある!ことを忘れない

また、育休明けで職場にもどると、ついつい自分が失ってしまった「キャリア」ばかりに目がいって、辛い気持ちになることもあると思います。

ぴよこ

昔は自分のキャリアに捧げる時間がたくさんあって、もっといろんなことができたのに…。そう思ったことはわたしも数知れずです。

でも!育休中なにもしていなかったわけではありませんよね!

理性のない子供との生活で、我慢をしたり根気強く言い聞かせたり。

自分の感情をコントロールしながら生活することが、前に比べて格段に上手になっていたり。

ぴよこ

確かに失ったこともあるけれど、今までと180度違う生活を送ることで、得たものもたくさんあるんじゃないかな?と思います。

感情を抑えたり、アプローチを変えてトライしたり。

そういうことはどんな仕事でも必ず必要になってくるスキルな気がします

失ったことを嘆かないで。得たものに目を向けると、不思議と前向きな気持ちになってきます

「いつまでも同じ環境に居るわけじゃない」と心に置く

どんなに自分が努力しても、周りに冷たくされることもあるかもしれません。

そんなとき、ぜひ考えていただきたいことがいつまでも同じような環境にいるわけではないということです。

子供が熱を出しやすいのも今だけかもしれない、働くメンバーが変わるかも知れない。最終的には転職をしたり、雇用体系を変えたりしたっていいと思っていればいいのかなと感じます。

ぴよこ

今の状況が変わることもあるし、変わらなければそのときにまた改めて考えてもいい。子供が小さいうちだけの我慢という気持ちで、現状維持してもいいのかな?と感じることもあります。

私も「いつかフリーランスになったっていい。

でも現状続けられるところまでは頑張ってみよう」と思いながら通勤していた時期がありました。

少し気持ちを楽にしながら、いつかくる環境変化のタイミングを、できるだけストレスを溜めない方法で乗り切るのもいいのではないかな?と感じます。

同時に二つのことをこなしている自信を持とう

なかなか自分で自分を評価するのって難しいですよね。

仕事に全力投球している仲間をみて、劣等感を感じたり、久々の仕事でミスをして落ち込んだり。

たとえ仕事にあてる時間は減ってしまっていたとしても、育児でまた別のタスクをこなしていることは、それはそれでとても素晴らしいことだと思います。

また、数年後には徐々に仕事のペースを取り戻して、また別のキャリアを築くことができるかもしれません。

ぴよこ

まだまだ長いワーママ生活。いつまでも力が入った状況ではしんどいから、人と比べず、長期的な視点で向き合うようになってから心が楽になりました。

私自身もまだまだひよっこですが、今後も長く続くワーママ生活を、できるだけストレスをためないように仕事と向き合っていければな!と思っています。

未分類
ぴよこ

Webデザイナーとして働くワーママのブログです。
子育て情報やお得情報、ブログの運営方法(主にグーグルアドセンスの運営術)などについてゆるっと書いていきます。

ぴよこをフォローする
ぴよこをフォローする
Web屋のワーママ・ぴよこの雑多なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました