育休手当「保育園の内定辞退」で給付金の延長ができるのか!?ハローワークに電話してみた

育休手当が、2017年10月から“2歳まで受給可能”となりました。

今回は、「育休手当の延長条件」についてや「給付金の延長の方法」「保育園の内定辞退でも給付金の延長ができるのか?」などの情報について書いていこうと思います。

「育休手当をもらう条件」をおさらい

まずは、育休手当の延長条件をおさらいしましょう。

育児給付金は申請を行えば、産後休業終了日の翌日から、子どもの1歳の誕生日の前日までは取得することが可能です。

もちろん、育休手当をもらうこと自体にも条件があります

育児休業給付の受給資格は、育児休業を開始した日前2年間に被保険者期間が12か月以上必要となります。
なお、育児休業を開始した日前2年間に被保険者期間が12か月ない場合であっても、当該期間中に第1子の育児休業や本人の疾病等がある場合は、受給要件が緩和され、受給要件を満たす場合があります。
ただし、育児休業開始時点において、有期雇用労働者(契約期間の定めのある方。以下同じ。)の場合は、別途要件(問3参照)があります。

厚生労働省/Q&A~育児休業給付~

子どもの1歳の誕生日の前日までに職場復帰し給与が発生すると、下記の条件を超える場合はもちろん、育児休業の支払いもストップします。

休業開始時賃金日額(※1)×支給日数(※2)の80%以上の賃金が支払われている場合は、育児休業給付の支給額は、0円となります。

厚生労働省/Q&A~育児休業給付~

要は、企業と雇用契約を結んでおり、育休手当の申請を行なって受理されたならば、基本的には1歳の誕生日の前日、ないしは職場復帰をするまでの期間は育休手当はもらえるということです。

「育休手当を延長する条件」をおさらい

次に育休手当を延長する条件についておさらいしていきます。

産後休業終了日の翌日から、子どもの1歳の誕生日の前日までは、先ほど紹介した条件を満たしていれば育休手当を受給することができます

しかし、子どもの2歳の誕生日の前日まで育休手当をもらう場合、先ほどご紹介した条件とプラスアルファの“受給に関する条件”があります。

1歳に達する日から、1歳6ヶ月に達する前日までの延長

延長の要件

・1歳の誕生日の時点で、入所待ちのために復帰できない「やむを得ない」理由があった場合

1歳の誕生日の時点で「入所待ちのために復帰できない「やむを得ない」理由があった場合。」に1歳6ヶ月に達する前日までは、育休手当が延長できます

1歳6ヶ月に達する日から、2歳に達する前日までの延長

延長の要件

・1歳時に延長手続きを行なっている人で、1歳6ヶ月に達する日の翌日(※)の時点で、入所待ちのために復帰できない「やむを得ない」理由があった場合

(※)1歳時に延長手続きを行なっている人の「育児休業給付金支給申請書」に記載されている「支給終了年月日」の翌々日です。

1歳6ヶ月に達する日の翌日の時点で「入所待ちのために復帰できない「やむを得ない」理由があった場合。」に2歳に達する前日までは、育休手当が延長できます

「1歳6ヶ月に達する日の翌日っていつよ?」って方は“「育児休業給付金支給申請書」に記載されている「支給終了年月日」の翌々日”という部分を参考にみていくといいのかなと思います。

育休延長をし給付金を貰うためには、1歳の誕生日、1歳6ヶ月に達する日の翌日に属する月の保育園の不承認届けを提出することが必要

ということです。

市役所に内定辞退の場合の証明書について聞いてみた

これはお住いの管轄の市役所によっても異なると思います。

私が住んでいる市区町村では、「2019年度からは内定辞退の場合は、内定を辞退した旨を記載した証明書しか出せなくなった」と回答をいただきました。

つまり、保育園の入所申し込みをし“不承認”だった場合と、入所申し込みをし“承認されたが辞退した”場合の書類様式に違いがあるということです。

今までは内定辞退でも不承認の書類を出していた」ということからも、制度が変わっている可能性があるので注意が必要です。

市役所職員

内定辞退しても“育休手当の延長ができるか”は、ハローワークで聞いてみてくださいね

ということでした。

あとは「やむを得ない理由があった場合」という条件に「内定辞退」が当てはまるのかを、ハローワークに確認するだけです

「やむを得ない」理由があった場合とは?

さっそくこの件について、ハローワークに問い合わせてみました。

ハローワークでの「育休延長」に関するやりとり

すみません、育児給付金の延長にある「やむを得ない」理由があった場合に内定辞退は当てはまりますか?

ハローワーク職員

内定辞退は「やむを得ない」理由があった場合には該当しません。したがって、育休手当の延長はできません

まぁ、そうなるかなとは思ってはいたのですが「やむを得ない理由」に「内定辞退」は、当てはまらないそうです。

ハローワーク職員

内定辞退の記録は残りますからね。そもそも辞退しないといけないような保育園には申し込みしないでください

と。

でも、でもです!なんで『内定辞退の話をするか?』というと、こういうことを市役所で言われたからなんです。

市役所での「保育園入所」に関するやりとり

市役所職員

いま、とにかく!保育園入所は厳しいです!できるだけ多くの保育園を書いてください!

こういう言葉に焦って、入所しても送迎できないような保育園に「当たって砕けろ!」という気持ちで、入所届けを出してはいませんか?

この戦法は、子供が1歳未満の場合当たって砕けろ方式でも良いと思うのですが(入所辞退をしても育休手当がもらえる)。

1歳の誕生日の時点でこれをやって内定辞退をすると、手当がもらえなくなっちゃうので要注意です!!

保育園入所は激戦で、とにかく子供を預ける場所を探したい一心で頑張りすぎると、かえってそれが仇になることも・・・。

まとめ

今回、ハローワークに電話してみて、担当者の口調はけっこう厳しいものでした。

「入れないところに申し込みをしないで」というのは本当に正しい意見かと思います。

しかし、市役所では「とにかく、可能性のある保育園は全部書いて欲しい!」ということを言われてしまうのも事実です。

現実問題、可能性が少しでもあれば通園ができるかどうかを受かってから考える人も多いのではないかなと思います。

おそらくですが、ハローワーク側は「内定辞退したから給付金を貰えない!どうしてくれるんだ」ということに対する対処を。

市役所側は「保育園に入れなかった!どうするんだ」という対処を。

それぞれ、対処が必要になってくるゆえに“言っていることに食い違いがでる”ということがあるのかもしれません。。

それもこれも、保育園入所に関して“個々の希望に答えられない”という状況があるためにこうした問題が起きているのかな、と感じました。

多くの人が希望する条件で保育園に入れるような、そんな状況に変わっていくことを願います。

子育て
ぴよこ

Webデザイナーとして働くワーママのブログです。
子育て情報やお得情報、ブログの運営方法(主にグーグルアドセンスの運営術)などについてゆるっと書いていきます。

ぴよこをフォローする
ぴよこをフォローする
Web屋のワーママ・ぴよこの雑多なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました